不動産の相談アイ・ティー不動産コンサルタント

サイトマップ 
不動産の相談を誰にしたらいいのか、信頼できる人が見つからなくて、お困りではありませんか。不動産の購入に関して、わかりづらい言葉が多く、大金が動くので、疑問が出てきて不安に思われることはありませんか。そんな時、あなたの立場になって味方になって解決してくれる専門家がいればいいのにと思われませんか。そんなご要望、相談、悩み,疑問にお答えするのが「アイ・ティー不動産コンサルタント」です。お気軽に不動産の相談をしてください、専門の不動産コンサルタントが親切にお答えします。
アイ・ティー不動産コンサルタント:兵庫県三田市武庫が丘5丁目2番A-202号
TEL:079-559-2897 FAX:079-559-2897 H.P:090-1441-7834 
E-mail:home.c@maia.eonet.ne.jp 代表者:荒木 毅(宅地建物取引主任者)   
不動産に関する相談・悩みや不安、疑問を解消します。
24時間メールで相談受付けています。
 
 ★サービス一覧

 ■購入前のご相談

 ■購入予定物件調査

 ■契約書類テェック

 ■契約立会い

 ■残金決済立会い

 ■住宅ローン診断

 ■個人間売買代行

 お申込はこちらから

 ●特定商取引に関する表示

 ●プライバシーポリシー

  TEL079-559-2897

  ★サイトマップ         

             TOPへ

 代表者プロフィール

不動産 用語  よ HOMEへ

容積率

容積率とは、建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合で、都市計画により決められますが、前面道路の幅員が12m未満の場合には、用途地域によって下表のとおり限度が規定されています。

  容積率=延べ面積/敷地面積(×100%)

擁壁

土砂の崩壊を防止するために、切土、盛り土などのがけを側面から支える構造物。コンクリート造・鉄筋コンクリート造・石造などがあり、構造上からの次の種類がある。重力式擁壁・半重力式擁壁・L形擁壁・反T形擁壁・控壁式擁壁。反T形擁壁は、高さ6m程度まで用いられる。 (1)土圧と土の重力の合力が基礎底面内を通るようにする(転倒しない)。
(2)擁壁が水平移動を起こさないようにする。
(3)基礎版に生じる最大反力が許容地耐力を越えないように基礎幅を決める。
(4)壁体部の応力度が許容応力度を越えないようにする。

Q&A 会社概要
利用規約 用語集
Copyright(C)2008 不動産の相談