不動産の相談アイ・ティー不動産コンサルタント

サイトマップ 
不動産の相談を誰にしたらいいのか、信頼できる人が見つからなくて、お困りではありませんか。不動産の購入に関して、わかりづらい言葉が多く、大金が動くので、疑問が出てきて不安に思われることはありませんか。そんな時、あなたの立場になって味方になって解決してくれる専門家がいればいいのにと思われませんか。そんなご要望、相談、悩み,疑問にお答えするのが「アイ・ティー不動産コンサルタント」です。お気軽に不動産の相談をしてください、専門の不動産コンサルタントが親切にお答えします。
アイ・ティー不動産コンサルタント:兵庫県三田市武庫が丘5丁目2番A-202号
TEL:079-559-2897 FAX:079-559-2897 H.P:090-1441-7834 
E-mail:home.c@maia.eonet.ne.jp 代表者:荒木 毅(宅地建物取引主任者)   
不動産に関する相談・悩みや不安、疑問を解消します。
24時間メールで相談受付けています。
 
 ★サービス一覧

 ■購入前のご相談

 ■購入予定物件調査

 ■契約書類テェック

 ■契約立会い

 ■残金決済立会い

 ■住宅ローン診断

 ■個人間売買代行

 お申込はこちらから

 ●特定商取引に関する表示

 ●プライバシーポリシー

  TEL079-559-2897

  ★サイトマップ         

             TOPへ

 代表者プロフィール

不動産 用語  そ HOMEへ

造作買取請求権

借地借家法が定める借家人権利の一つです。
借家人が家主の同意を得て建物に付加し、または家主から買い受けた造作を、賃貸借終了の際に家主に買い取らせる権利のことであります。
 
商業ビルのテナントで内部を改装したものは、造作買取請求の対象になるかどうか議論が分かれます。契約時にその扱いを十分確認することが重要です。
 
新借地借家法では、造作買取の規定を強行規定ではなく任意規定とし、家主は取付けに同意したものの、特約により将来買い取らなくてもよいこととしています

双方代理

利害が互いに反する2人の当事者がいる場合に、同じ代理人がその両方の当事者の代理人として代理行為を行うことです。

 弁護士や弁理士は双方代理を行うことが禁止されています。

 裁判では「原告(訴えた人)」と「被告(訴えられた人)」は互いに利益の反する当事者となります。つまり原告と被告は対立関係になります。


 この場合、同じ弁護士が「原告の弁護」と「被告の弁護」の両方を引き受けることはできません。双方代理に成ってしまうからです。


 双方代理が禁止されるのは、厳正な手続きを行うことによって当事者を保護するためです。双方代理が認められてしまうと、実質的に代理人がどちらの当事者を勝たせるか決めてしまえることに成ってしまいます。


 当事者にとっては双方代理なんてされると「おまえは、どっちの味方だ!」ということになり、安心してまかせられませんよね。


 したがって、どちらか一方の代理人となると相手の代理人になることができないようにしているのです。

相隣関係

相隣関係(そうりんかんけい) とは、「隣接する不動産の所有者間において、通行・流水・排水・境界などの問題に関して相互の土地利用を円滑にするために、各自の不動産の機能を制限し調整し合う関係」のことを言います。 

Q&A 会社概要
利用規約 用語集
Copyright(C)2008 不動産の相談