不動産の相談アイ・ティー不動産コンサルタント

サイトマップ 
不動産の相談を誰にしたらいいのか、信頼できる人が見つからなくて、お困りではありませんか。不動産の購入に関して、わかりづらい言葉が多く、大金が動くので、疑問が出てきて不安に思われることはありませんか。そんな時、あなたの立場になって味方になって解決してくれる専門家がいればいいのにと思われませんか。そんなご要望、相談、悩み,疑問にお答えするのが「アイ・ティー不動産コンサルタント」です。お気軽に不動産の相談をしてください、専門の不動産コンサルタントが親切にお答えします。
アイ・ティー不動産コンサルタント:兵庫県三田市武庫が丘5丁目2番A-202号
TEL:079-559-2897 FAX:079-559-2897 H.P:090-1441-7834 
E-mail:home.c@maia.eonet.ne.jp 代表者:荒木 毅(宅地建物取引主任者)   
不動産に関する相談・悩みや不安、疑問を解消します。
24時間メールで相談受付けています。
 
 ★サービス一覧

 ■購入前のご相談

 ■購入予定物件調査

 ■契約書類テェック

 ■契約立会い

 ■残金決済立会い

 ■住宅ローン診断

 ■個人間売買代行

 お申込はこちらから

 ●特定商取引に関する表示

 ●プライバシーポリシー

  TEL079-559-2897

  ★サイトマップ         

             TOPへ

 代表者プロフィール

不動産 用語  せ HOMEへ

生産緑地

緑地が本来持つ地盤保持や保水などの働きによる災害の防止、および農林漁業と調和した都市環境の保全などのため、将来にわたり農地または緑地等として残すべき土地を自治体が指定することにより、円滑な都市計画を実施することを主目的としている。また、生産緑地指定を受けることで固定資産税の税率が農地並みになる措置が受けられる意味もある。なお、一旦指定を受けた土地は、一定の要件を満たす場合の外は原則として解除できない

接道義務

建築物の敷地は、道路(次に掲げるものを除く)に二メートル以上接しなければならない。ただし、その敷地の周囲に広い空地を有する建築物その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したものについては、この限りでない。

セットバック

土地に接する道路の幅員が4m満たない時に、道路の中心から2m後退して建物を建築することをいう。下がった部分は道路として、建築物を建築できないのみでなく、門や塀や擁壁、花壇さえも建築することはできない

Q&A 会社概要
利用規約 用語集
Copyright(C)2008 不動産の相談