不動産の相談アイ・ティー不動産コンサルタント

サイトマップ 
不動産の相談を誰にしたらいいのか、信頼できる人が見つからなくて、お困りではありませんか。不動産の購入に関して、わかりづらい言葉が多く、大金が動くので、疑問が出てきて不安に思われることはありませんか。そんな時、あなたの立場になって味方になって解決してくれる専門家がいればいいのにと思われませんか。そんなご要望、相談、悩み,疑問にお答えするのが「アイ・ティー不動産コンサルタント」です。お気軽に不動産の相談をしてください、専門の不動産コンサルタントが親切にお答えします。
アイ・ティー不動産コンサルタント:兵庫県三田市武庫が丘5丁目2番A-202号
TEL:079-559-2897 FAX:079-559-2897 H.P:090-1441-7834 
E-mail:home.c@maia.eonet.ne.jp 代表者:荒木 毅(宅地建物取引主任者)   
不動産に関する相談・悩みや不安、疑問を解消します。
24時間メールで相談受付けています。
 
 ★サービス一覧

 ■購入前のご相談

 ■購入予定物件調査

 ■契約書類テェック

 ■契約立会い

 ■残金決済立会い

 ■住宅ローン診断

 ■個人間売買代行

 お申込はこちらから

 ●特定商取引に関する表示

 ●プライバシーポリシー

  TEL079-559-2897

  ★サイトマップ         

             TOPへ

 代表者プロフィール

不動産 用語  く HOMEへ

クーリングオフ

消費者は、契約から一定の期間内(8日間や20日間など)であれば、クーリングオフ制度により、理由を問わず無条件に一方的に申し込みの撤回、または契約の解除ができることになっています。クーリングオフした場合、業者は違約金や損害賠償を消費者に請求できません。また、受け取っている金銭があれば、消費者に返還しなければなりません。消費者が商品を使用したり役務(サービス)を受けたことにより利益を得ている場合でも、業者はその利益の返還を請求することができません。さらに、消費者が商品を受け取っている場合には、その返還に要する費用は業者が負担することになっています。つまり、消費者には一切の負担なく、契約を解除することができるのです。クーリングオフは、書面で行います。書面で行うことは、法律で定められています

空中権

土地利用に関する権利形態の一つです。
他人の所有する土地上の空間に上下の範囲を定め、その空間を包括的・排他的に使用・収益・処分できる権利で、いわば水平面で切った土地空間の所有権であります。
 他人の土地や建物の上部に建築したり、高架道路の上下の利用等のため売買または賃貸されます。
日本には、このような空間所有権は認められておらず、区分地上権、建物の区分所有権、道路使用許可の方法が用いられています。

Q&A 会社概要
利用規約 用語集
Copyright(C)2008 不動産の相談