不動産の相談アイ・ティー不動産コンサルタント

サイトマップ 
不動産の相談を誰にしたらいいのか、信頼できる人が見つからなくて、お困りではありませんか。不動産の購入に関して、わかりづらい言葉が多く、大金が動くので、疑問が出てきて不安に思われることはありませんか。そんな時、あなたの立場になって味方になって解決してくれる専門家がいればいいのにと思われませんか。そんなご要望、相談、悩み,疑問にお答えするのが「アイ・ティー不動産コンサルタント」です。お気軽に不動産の相談をしてください、専門の不動産コンサルタントが親切にお答えします。
アイ・ティー不動産コンサルタント:兵庫県三田市武庫が丘5丁目2番A-202号
TEL:079-559-2897 FAX:079-559-2897 H.P:090-1441-7834 
E-mail:home.c@maia.eonet.ne.jp 代表者:荒木 毅(宅地建物取引主任者)   
不動産に関する相談・悩みや不安、疑問を解消します。
24時間メールで相談受付けています。
 
 ★サービス一覧

 ■購入前のご相談

 ■購入予定物件調査

 ■契約書類テェック

 ■契約立会い

 ■残金決済立会い

 ■住宅ローン診断

 ■個人間売買代行

 お申込はこちらから

 ●特定商取引に関する表示

 ●プライバシーポリシー

  TEL079-559-2897

  ★サイトマップ         

             TOPへ

 代表者プロフィール

不動産 用語  け HOMEへ

蹴上げ

階段の一段の高さのこと。階段の側面。

珪藻土

珪藻土は藻類の一種の珪藻が石化したものです。
珪藻というプランクトンが大量に増殖,死滅,そして沈積し,永い年月を経て珪藻土鉱床が作られ、そこから産出される化石を珪藻土と呼びます。

競売

不動産競売とは、簡単に言うと、債権者(銀行等)に担保提供した不動産につき、その債務を受けられ得なく
なったとき、又は相続による相続物件の財産分割を為すにあたり裁判所に申立て、それらの物件を売ってもらい、その
売却代金から、債権者が支払いを受け、又相続人が代金分割を受ける制度を言います。競売は、厳密には一般の売
買と違って、国の行う強制処分という性質を持っていて、売り手の役目を裁判官、書記官、執行官が行います

軽量鉄骨

主に柱、梁(これらを主要構造物と言います)を主体とした「木造軸組工法」のための部材を軽量鉄骨で行ったものです。軽量鉄骨はこの構造部分で厚さ6ミリ以下の鋼板で施工されます(2〜3ミリのものが中心です)。鋼板を冷間加工して、防錆処理を施された状態で生産されます。重量鉄骨との違いは、その重さが軽量であることから運搬が容易で加工がしやすく、また、なんといっても総重量の軽さから地盤に対しての負担が軽くなり、その構築物の規模によっては、加工〜施工においてもコスト安で行えます。軽量鉄骨は精度の高い建材ですが、熱に弱い(結露の可能性もある)ので、建築施工では不燃ボードなどで覆い、耐火性を高める必要があります。これは重量鉄骨でも同じです。(耐火性はもちろん重量鉄骨の方が優れてますが)軽量鉄骨は主に小規模建築の梁や柱、大規模建築の梁や柱を縦や横にフォローするブレース(筋交い)等に利用されます。(重量鉄骨は、主にH鋼を指します)また、軽量鉄骨は重量鉄骨に比べると強度が低いために、大規模な建物には向かず、小〜中規模の工法の建物に向いているといえます。また、防錆処理がされた状態で工場生産されるものの、施工時に何かにぶつかったりするとサビの原因となるので、しっかりとした防錆処置が必要です。(防錆処理には様々なものがあり、塗布のものからメッキ処理まで)稀に、大規模な構築物に使用されることもあります。軽量鉄骨の特性である、軽さ、を利用しながら複雑な構造を作り、それをデザイン特性として活かしてゆくのも構築物として趣きがあるようです。

現況有姿

今あるがままの状態のこと。不動産業界では「現況有姿取引」というと、中古住宅の設備不良や劣化なども修繕・リフォームなどをせず、そのままの状態で取引することを指している。

検索の抗弁権

主たる債務に弁済の資力があり、かつ執行が容易であることを保証人が証明すれば、債権者はまず主たる債務者の財産に執行しなければ、保証人に請求できないとすることをいいます

検査済証

建築主は、建築確認を受けた建物の工事が完了した日から4日以内に建築主事(都道府県や市区町村に在籍する職員で、建築技術・建築法規の専門家)あてに、完了検査申請書を提出することになっています。
建築主事は完了検査申請書を受理した日から7日以内に、建物が法令の規定に適合しているか検査し、適合している場合に建築主に交付する文書です。

建築協定

建築物を建築する場合には、建築基準法などで、用途、構造などいろいろな基準が定められていますが、それらはみな一律の基準であり、その地域に応じた住みよい環境づくり、個性あるまちづくりをするためには必ずしも十分とは言えません。そこで、良好なまちづくりを行うため「建築協定」という制度が設けられています。建築協定制度は、住宅地としての環境または、商店街としての利便を高度に維持増進するなどのため、土地所有者等の全員の合意によって、建築基準法に決められた最低限の基準に加え、それ以上のきめ細かい基準を定めて、互いに守りあっていくことを約束する制度です。
 また、開発者が1人で協定を結ぶことができる「1人協定」という制度もあり、新しく開発された市街地においても、あらかじめ環境を維持するための基準を設定することが開発者にも期待されています。

建ぺい率

建ぺい率とは敷地面積に対する建築面積の割合のことです。つまりその敷地に対してどれくらいの規模の建物が建てられるか、また、逆にどれくらいの空き地を確保しなければならないのか、という割合のことで用途地域ごとに制限されています。
Q&A 会社概要
利用規約 用語集
Copyright(C)2008 不動産の相談